日誌

ただの日記および備忘録

Day25: ストライキは突然に。

文化の違い

f:id:hayato34:20150805131315j:plain

本日は晴れ。いつもどおりに登校する。そして始まる議論。自分の研究に時間が割けないので、正直ちょっと辛くなってくる。しかし残り3日。終わり良いものにするためにもう少々の我慢である。昼はHyde Parkの湖の一つのThe Serpentineの辺りにあるLido Bar and Cafeというカフェへ。The Serpentineは湖の南側はを指した名称なのだけれど、北側はLong Waterというらしい。あまりにも単純な命名に笑ってしまった。また、この湖はたくさんの白鳥やら鴨やらなんやらがいるのだが、人間も泳ぐことができる(!)。正直、湖の水は綺麗とは言い難いし、かつ今日など肌寒いくらいの気温なのに、何人か実際に泳いでいた。確かにロンドンの気候だと一年を通して外で泳ぐ機会は(多少無理をしないと)なかなか無いのはわかるのだが。。

ともあれ、歩いて数分に様々な場所があるのもImperial College Londonの魅力の一つである。ただ、キャンパスがロンドンの真ん中に位置している最大の理由の一つには、留学生(特に中国)からのウケが良いから、ということもあるらしい。勉強する場所がどこに位置しているかなど、気にするものだろうか。うーむ。そして案の定、昼から天候が悪くなり雨が降り出す。が、 こういうロンドンの天候には慣れたものである。そそくさとラボへ帰る。本日は半年に一度あるかないかの地下鉄"Tube"のストライキ。本日のp.m.6:30から明日の夕方までTubeは動かないので、早めに帰宅。明日はホテルにて研究となる。公共機関のストライキはイギリスではままあることらしいが、日本で公共機関のストライキが行われたら、物凄い混乱が起こりそうだなぁ。

最後のFish&Chips

本滞在中での(おそらく)最後のFish&Chips。Vinegarたくさんかけると更に美味、と思うくらいにはイギリスにいることができた。日本でもこのVinegarを恋しくなるだろうな、と思ってメーカーを見てみたら、まさかのミツカン。グローバル企業!

f:id:hayato34:20150805131243j:plain